反省を求めるのはムダである

「反省を求めるのはムダである」

・・・なぜなら大抵の人の反省とは「反省したふり」であって、決して本当の意味での反省はしないから。


こんな内容の本が売っているらしい。

まぁ、経験的にはそうだろう、とは思う。


結婚でもそうだったが、こんな酷いことして、反省しないことにはやり直せない、とか思ってみても本当に無意味。

人間の根は変わらない。となると、問題になるのは、自分がそれを許せるか、許せないか。

ただ、それだけだと思う。


唯一、反省の意味があるのは、精神的に幼くて、自分のやっていることが良くわからず悪いことをしてしまった時くらいだろうな。


かきずて | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/09/01 06:24
コメント

管理者のみに表示