残念な旨辛ネギたま牛めしとコンビニマーボー

なんか残念な盛り付けで供されてしまったな。

20120516_2.jpg
旨辛ネギたま牛めし(並) 380円

無論、味そのものには問題はない。


ところで、松屋に限った話ではないが、牛めし+α系はコストパフォーマンスがイマイチ。
例えば、牛めし(並) 280円 に対し、ネギ+半熟たまごトッピングで+100円。
又は大根おろしぽんずトッピングで+100円。
きんぴらキムトッピング+カル変更で+200円。

まぁ、チェーン店はこういうメニューで利益を出しているのであって、これらを高いとか言うのは無粋なんだろう。

つづいて残念なものパート2。

20120516.jpg
コンビニマーボー丼。
四川マーボー丼とか言う名前で、たしか、スリーエフで430円だったかな?

松屋で突然マーボー定食が逝ってしまった寂しさから、つい手を出してしまった一品だ。

マーボーはピリ辛でそれなりの味だったが、ご飯がベタベタに固まってしまっていた。
これじゃあ、美味しく食べれないよ。

無論、個体差で悪いものを掴んでしまっただけかもしれないが、たまたま食べた者にとってはその1回が全てである。
よって「残念だった」と書かせていただく。

松屋マーボー丼・カムバックプリーズ。

松屋(丼) | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/05/16 22:17
コメント

管理者のみに表示