松屋は殺伐

残念ながら、松屋にはホスタビリティが足りない。
そもそも、あのコストでそんなものを求めること自体が間違っている。
それは分かっているつもりだ。

しかし、あまりにもスタッフが殺伐としている雰囲気だと、分かってはいても残念な気持ちになるな。

ちなみに

・なれないバイト君
・お客さんが沢山
・焼き物やエッグ定など、面倒なメニューが集中
・なにかの機械が壊れた
・面倒な客がいる



これらが2つ以上重なると「お時間かかりまーす(怒)」「ありがとうございましたー(怒)」となりやすい。

しかし、良い大人ならそんなことで怒ってはいけないぞ。 
松屋のバイトは激務なのだから。
(やったことないけど、たぶんね)


また、自分くらいの上級者になると、入店前に状況を察し、危険な状態であると判断すると「牛丼」「カレー」などの手がかからないメニユーをチョイスする。
店員も助かるし、こちらも早く食べることが出来る。
まさに Win-Win 。

20120411_1.jpg
ネギ塩豚カルビ丼。350円

これはちょっと手がかかるメニューだろうな。

松屋(定食) | コメント(2) | トラックバック(0) | 2012/04/11 06:53
コメント
なにか、今回の文章はすごく上手だとかんじました
いえ、いつもがどうとかいうわけではないですよ

素直に、ああ、たしかに!っていう感想です。

バイトさんが忙しそうにしてるお店はこっちも緊張しちゃいますね
あqさんへ

普通の店では客は堂々としていればいいのですが、その理屈が通用しないのが松屋です。
松屋で「すまあと」な食事が出来る人を、23世紀の人は「粋人」と呼ぶでしょう。

管理者のみに表示