悪いのはだれ?

Kは中学時代の同級生で、年に1~2回は飲みにいく仲だ。
自分が結婚したときもお祝いをくれた。
今日はそんなKの話。

ちょい重めの話なので、そういうのが苦手という方は、スルーで。

Kには5年間同棲していたNちゃんという彼女が「いた」。
Kはいずれプロポーズするつもりだと言っていたし、周りも規定路線だろうと思っていた。
だが、2年前にKが勤務先をリストラされたところから悲劇は始まる。

Kは三流大学の文学部卒で、容姿・能力共に極めて平凡、性格は大人しめ。
職種は営業だったが、やはり30代半ばともなると仕事はなかなか決まらない。
求職中では当然プロポーズどころではなく、やがて失業保険も切れ、やむなく一時期は貯金も取り崩して生活していた。
一時はピンク系のブラック企業に入ってしまうほど、Kは焦っていた。

一年半ほど過ぎ、Kはようやく真っ当な会社で正社員として職を得た。
そこでKはついにNちゃんにプロポーズをしたのだが、断られた。

なぜかというと、NちゃんはKを見限っていて、既に別の男(仮にAとする)と付き合い始めていたんだな。
やがて二人は別れることになって、Nちゃんは新しい男Aの部屋で同棲を始めた。


ところが、Nちゃんの新しい男AはDV野郎だった。
同棲と同時に殴る蹴るの暴力が始まったそうで、ローンの保証人にもさせられたとか。
Nちゃんは悩み苦しみ、元彼であるKに電話でちょくちょく相談するようになった。
結局、NちゃんとAは別れ、Nちゃんは実家で暮らし始めた。

Kは、最初のうちは相談に応じていたのだが、次第に自分を裏切ったNちゃんの相談に乗るのがいやになってきた。
そして、あるとき「もう自分に依存するな」と突き放した。

その会話がNちゃんの「この世で最後の誰かとの会話」となった。
翌朝に○○を×××たそうだ。


・・・


この話Kから直接聞いたとき、新年早々ブル~な気持ちになったが。

ちなみにKは、最後にNちゃんを突き放したことを今でも後悔しているそうだ。
オレは「お前は間違ってない」と言ってやったが。

さて、悪いのはだれ?


※この話は「フィクション」です。
かきずて | コメント(2) | トラックバック(0) | 2012/01/07 06:06
コメント
Kさんは悪くない…
んん~…。。
フィクションなのかノンフィクションなのか、謎に満ちた記事ですねe-263
フィクションだとは書いてあるものの、それだったらなんとなくヘビーに感じなくなってしまうし…

無条件に悪いのはAで、悪くないのはKさん、と私は思いました。
Nちゃんの身勝手さ、都合の良さ、人を見る目のなさは悪だと思ったので…
もちろん自分がKさんの立場で、モト彼が同じことになれば、多少なりとも自分を責めるかもしれませんが…

というより何より、だめスケさんご自身の、公私に関わる問題やお悩みごとについての記事でなかったので、ホッとしましたe-446
フィクションは「仮称」部分
自分の見解ですが・・・
究極的には個人の意思ということでもやむをえないが、周りに迷惑は掛けないで欲しい、ということですかね。

>ホッとしました

お気遣い畏れ入ります。
まぁ、「悩み」「苦しみ」はありますが、それは人である以上必然かと。
どう共存していくかが大切かなぁ、なんて。

管理者のみに表示