素晴らしき松屋のチームワーク

asatei.jpg

松屋で朝食をとろうとした時の話。

いつもは3名いる筈のスタッフが2名しかいない。
そのせいか、前の人が食べた後の食器は大多数がそのまま。
お客さんも多数待っている状況である。


おっ、まずいタイミングで来ちゃったかな??
と思いつつ、エッグウィンナー定食をオーダー。

案の定、なかなか出てこない。
ふと見ると、3人目のバイト君が大きめな金属ボウルにたっぷりとご飯を詰めて、店内に入ってきた。
そしてそれをジャーにぶち込むと、すぐさま金属ボウルを持って出て行った。

つまり、

・炊飯ジャーが壊れた。
・ご飯が出せない。
・店が営業できないが、そういうわけには行かない
・店の近辺に、別の松屋がある。
・別の松屋まで、バイト君がご飯を取りに行って、ジャーが直るまではピストン輸送でしのぐ。


このような状況だったようだ。

常時10~15人の客を抱え、2人でよく廻した。
ご飯を輸送したバイト君も偉い。

スゴイチームワークだが、早朝だったため、おそらく状況判断して臨時体制を築いたのはバイトリーダー君だろう。

バイトとはいえ、プロ根性だ。
ますます松屋が好きになった。

松屋(定食) | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/12/23 01:31
コメント

管理者のみに表示